沈んでいた気持ちは7分後、きっと何かが変わる。|橘いずみ 十字架とコイン

隠れた名曲というのは、有名になっていないけど、聞いたら凄い曲であったり、一部の人の間でのみ人気のある曲だったり、要するに一般的に広く知られていない曲の事だと思います。あとは、自分の中でその曲を良いと思っていたら、その時点で隠れた名曲になるのではと思います。

私の中で隠れた名曲は「橘いずみ」の「十字架とコイン」。現在は「榊いずみ」と芸名を変えて活動しているミュージシャンですが、私は大学生の時に出会いました。デビュー当時は女版尾崎豊などと言われて、かなりエッジの効いた歌詞で話題になり、ドラマの曲なども書いていたので、現在40代くらいの人ならば、知っている人は多いのではないかと思います。

そんな橘いずみのアルバム「十字架とコイン」に入っている同名の曲。なんと一曲7分。当時7分の曲と言ったらエックスのローズオブペインしか思い浮かびません。そう、とにかく長いのです。ただ、聞くとストーリーに引き込まれて全然長く感じません。

歌詞では不幸な2人の少年と少女が出てきて、未来の幸せを祈り、願います。最後に「私」として歌い手自身と思われる人も出てくるのですが、物語風に進む歌詞にすっと引き込まれてしまいます。歌の中では決してハッピーエンドにはなっていません。しかし、聞き終わった後になんとなく希望が持てて、そしてどこか自分に重ねるところがあり、落ちていた気分が少しだけ楽になります。

実際に聞いてもらわないとこの感覚は伝わらないのですが、少しだけ古い時代背景の話なのに、芯となる気持ち、願い、祈りは今の私たちに語り掛け、そしてチクリと刺さります。

私が好きな歌詞は下記

これがお守りだよ死ぬまで離さずに
銀の鎖つきのあの人の十字架
私を守るどんな時にも
ちっぽけな名誉や虚勢や見栄やウソ
汚れたものを照らしている
くすぶり燃えている命の切れ端を
金の炎に変える物なら
財産でもなくて、学歴でもなくて
愛することと、愛されること

ここの歌詞とメロディー、そして橘いずみの歌い方にグッと来ない人はいないと思います。

Amazon Musicにははいいておらず、Amazon Music Unlimitedでは聞けるようになっていました。

あとは、下記ニコ動でも聞けます。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm6263155

気持ちが沈んでいる人は、一度聞いてほしい。
橘いずみの十字架とコインは私の中では隠れた名曲だと思います。

スポンサーリンク