Google Data Portal(グーグルデータポータル)で売上予測を出す|経過日数と日割り計算のやり方

無料のBIツールとして有名なGoogle Data Portal。あれだけの機能を無料で使えるって凄いですよね。ユーザーインターフェースも非常にわかりやすいし、ドラック&ドロップでいろいろできてしまうので、とても楽チン。

最初の設定さえ覚えてしまえば、自動で更新出来たり、メールでレポート配信してくれたりと至れり尽くせり。

そんなGoogle Data Portalで主にやってるのは売り上げの管理なのですが、ずっと出来ずにいた事があります。それは、「当月の着地見込みを自動で更新する」という事。

ここからは、ある程度Google Data Portalを使ったことが無い人は「なんのこっちゃ?」となるので、わかる人向けの文章になることをお許しください。

【ここで紹介すること】
Google Data Portalで当月の売上予測を出す。

【仕組み】
測定日までの売上の合計を経過日数で割って、当月のトータル日数(例:6月なら30日間)を掛ける。

例)6月で測定日は10日で、そこまでの売り上げが220,000円。当月の売上予測は?
→220,000 / 10 * 30 = 660,000円
当月の売り上げは666,000円となります。

【自動化に向けて】
・データはgoogle spread sheetに入れています。
日付 入力形式:2022/6/1
売上 入力形式:2,000

上記のような表が出来たら、Data Portalのデータに登録して、レポートを作成すると読み込まれます。

・フィールドを追加することで、下記を自動的に出します。
1.経過日数 → 例では10
2.当月のトータル日数 → 例では30

【Google Data Portalの設定】
まず、日付のプルダウンを設置します。

プルダウンの設定は自動期間から、「今月初めから今日まで」で今日含むにはチェックを入れません。

ここからフィールドを追加していきます。フィールド名は分かりやすいものにすればよいので、打ち換えてもらっても大丈夫です。

Month of the year]
日付を取得します。
このフィールドはデフォルトで形式が日付になるので、TEXTに変更します。
データの一覧にを開いて、日付からTEXTにすればOKです。
これをやっていないと、この後の設定でエラーがでます。

データの一覧の設定
日付をテキストにしないとエラーになりますので、絶対やってください。やらないと、次のDays of each monthで進めなくなります。

Days of each month]
月によって30日だったり、31日だったりするのでそれらを調整します。

--------------------
case
when Month of the year in (‘2022-01-01′,’2022-03-01′,’2022-05-01′,’2022-07-01′,’2022-08-01′,’2022-10-01′,’2022-12-01′) then ’31’
when Month of the year in (‘2022-04-01′,’2022-06-01′,’2022-09-01′,’2022-11-01′) then ’30’
when Month of the year in (‘2022-02-01′) then ’28’

else ‘other’
end
--------------------

[Day]
経過日数を出します。

Num(Days of each Month)
当月の日数を出します。

これで、フィールドの設定は完了。

・表示の設定方法
1.グラフを追加で、スコアカードを入れます。
2.期間ディメンションを日付にします。
3.指標になにか入っていれば、クリックして一番したにあるフィールドを追加をクリック。
4.名前の所に任意の名前を入れる。ここでは「売上予測」にしてます。
5.計算式を入れます。

6.適用をクリックして、エラーがでていなければ、売上予測の数字が出ていると思います。

一応、あっているか確認したい場合は、スプレッドシートの数字を使って計算してみると良いと思います。

経過日数で割って、当月の日数をかけているだけなので、なにかイベントごとやプロモーションがあると、実際の売上予測から変わってくると思いますが、大体の数字はわかるし、自動更新なので非常に便利だと思います。

スポンサーリンク