熱海の地酒「純米酒 あたみ」|もっと違いの分かる男になったら飲みたい

DSC_0460

純米酒 あたみ

奥さんのお姉さんが住んでいる伊豆へ行ってきたときに頂いた「純米酒 あたみ」。旦那さんが務めている超高級温泉でも出しているという事で、きっとおいしいに違いない!とはいえ、先日の花菱もまだ残ってたので、なかなか手を付けられずにいましたが、本日開封!

仕込み水と割水の違いが、、、、。

この「純米酒 あたみ」は伊豆産の酒米「アイチのかおり」を使い、富士山の湧き水を仕込み水とした原酒に、割水として熱海市の丹那の湧き水を加えたのが特徴とのこと。残念ながら、最近よく日本酒を飲んでいるものの、判断基準は自分が旨いと思うかどうか。なので、酒米がどれだとか、ましてや仕込み水と割水が別々のものを使ったことによる味の変化に気が付くわけもないのです。

純米酒 あたみを飲んだ感想

では、味はどうだったのか?スッキリ辛口という感じでしょうかね。個人的に最後にアルコールの感じが残らないお酒が好きなのですが、辛口なので、キリリと最後に締まります。はたしてこの表現があっているかどうか分かりませんが、おいしかったです。

この純米酒あたみはパッケージがいいですね。和紙を使っているので、端がちょっとほつれた感じで雰囲気があります。そして、斜めに貼られた「熱海麗水割水使用」がよい。なんか、こう書かれると、きっとこの割水で割ったお酒は美味しいんだろうなーと飲む前からテンションが上がります。

新酒は12月から販売とのことです。
富士錦酒造:http://www.fujinishiki.com/page/item/index.html

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。