オアシス Whatever | 聞き手で歌詞の意味が変わる

whatever

過去、非常に辛い時期があったのですが、その時によく聞いたのが「オアシス」の「Whatever」。個人的にオアシスではDon’t look back in angerの次に名曲だと思います。もちろん、Stand by meもいいし、all around the worldもいい。まー、いろいろいいんですが、その時の私の心にぐっさりと刺さったのが、Whateverなのです。

聞き方で変わる意味

このWhatever、一言にまとめると「自分は自分の好きにやる」だと思っています。しかし、聞く人が自分の心情として聞いた場合と、誰かに言われているとして聞いた場合で意味が違ってきます。

私は誰かに言われているものとして聞いていました。オアシスの励ましソングだと取ってます。

分かれ道は最後のフレーズ

このWhateverの最大の見せ場は、最後のフレーズ

Whatever you do
Whatever you say
Yeah, I know it’s alright

だと思います。ネットでWhateverを訳しているサイトを見ると、先ほど上げた2つのパターンに分かれて訳されています。

・お前が何をしても、なんて言っても、俺には関係ない
(自分の心情として聞いてる人の訳)

・お前が何をしても、なんて言っても、ぜんぜん気にしない
(自分の心情として聞いてる人の訳)

・君が何をしても、君が何て言っても、大丈夫だよ
(人に言ってもらってるとして聞いてる人の訳)

確かに、どっちも正解だと思います。しかし、当時辛かった私に刺さったのは後者です。そして、もう少しだけ意訳してました。

・君がどんなことをやっても、君がどんなことを言っても、大丈夫。僕はわかってるから

そう、最後に「僕はわかってるから」がポイントなのです。ただ、大丈夫だよ。ではなく、ちゃんとわかってるから、大丈夫だよ。と解釈したことで、確実に一人は私のことを分かってくれてると理解しました。

当時周りに友達もいましたが、「大丈夫だよ」とは言ってくれても「君の事、ちゃんとわかってるから、好きなようにやって大丈夫だよ。」とは言ってもらえないんです。しかし、Whateverではきちんと言葉になっている。それは、刺さりますよ。私が女性で、こんな言葉をかけてくれる男性がいたら完全に恋に落ちます。

もう20年以上前の曲なのに、今聞いても心に刺さる。Whateverは名曲です。ストリングスも曲のスケール感を増して良い。しかしこの曲、6分チョイの曲なのに、ほぼ半分は演奏です。歌詞が終わってから3分くらい演奏するってどんだけ長いんだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。