会津娘 純米酒(高橋庄作酒造)|スッキリでも米の味がする毎日飲みたい日本酒

毎年、数回実家の会津若松へ帰っているのですが、歴史の町でありあんまり歴史に興味のない私には退屈なところでした。

しかし、今年からは違います!日本酒が好きになって最近よく飲むのですが、実家の会津には数多くの蔵元がありおいしい日本酒の宝庫。という事で、今年は沢山日本酒を飲んでます。

あまり通販では売ってない商品を試しているので、いくつか紹介していきたいと思います。今回紹介するのは会津娘。

会津娘

会津娘は会津若松市門田町にある「高橋庄作酒造」で作られています。「土産土法の酒造り」をもっとうにお米から栽培している蔵元さん。ちなみに、土産土法の酒造りとは、その土地の人がその土地の手法でその土地のお米と水から造りあげることを言います。それだけ、地元にこだわりぬいて作られたのが「会津娘」なのです。

今回は「会津娘 純米酒」をゲット。

そもそも会津の酒屋に行ってもあまり手に入らないのですが、実家の近所に特約店があったので手に入りました。本醸造、純米酒、純米吟醸がラインナップされてましたが、最も定番という純米酒を試すことにしました。720mlで1200円と割とリーズナブルです。

お店の人に飲み方を聞いたところ「冷・常温・ぬる燗」のどれかがいいですよ。とのこと。私は冷が好きなので、冷蔵庫でよく冷やしてから頂きました。

米の味を感じるスッキリとした味わい

個人的には純米酒が好きなので、いつも飲むのは純米酒、純米吟醸、純米大吟醸を飲んでます。今回の会津娘 純米酒は一言にスッキリ。でも米の味がしっかり来ます。おいしいお酒ではあるのですが、凄いパンチの効いた感じはなく、普段飲むお酒という感じでしょうかね。次回はもう少しグレードの高い会津娘に挑戦してみたいと思います。

会津娘の販売店をチェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。