香るマスクで気分が上がる|香るマスクの作り方

最近では外出するときにマスクはマストアイテムとなりました。かく言う私もマスクを着用しているのですが、紙のマスクと布(通気性の良い洗えるタイプ)を使い分けて仕事へ行っています。布マスクは息がしやすいし、なんせメガネが曇らない。でも電車ではフィルター機能に少々不安があるので、電車の様な人が多いところでは紙マスクで会社についたら布マスクにしています。

マスクって、独特なニオイがすると思います。紙マスクは特に匂いがしますが、洗えないし、使い捨てだし、電車の中だけなので我慢しますが、一番長くつけている布マスクも長くしているとニオイが気になってきます。

数回は洗って使える布マスクですが、実は簡単にいい匂いに変えられます。それは、柔軟剤を多めに入れる。これだけです。いつものナショナルメーカーの柔軟剤の香りが好きな人はそれを使えばよいですが、少々値段はしますが香りのよい柔軟剤をいくつか紹介しておこうと思います。

レイヤードフレグランス ファブリックソフトナー ホワイトムスク

レイヤードフレグランスは都内ではポップアップショップを展開したりしているので、見たことがある人も多いかもしれません。香水やディフューザーを作っているブランドなので、香りは折り紙付きです。シャンパンやフレッシュペアなどフルーティーで甘い香りが人気ですが、こちらの柔軟剤はホワイトムスクの香り。落ち着いた男性的な香りで深みの中に大人の色気を感じさせる香りです。柔軟剤なので、周りの人が香る強さは無いですが、マスクからこの香りがすると自分の気分が上がります。人に気づかせたい場合は、ボディスプレーもあるので、そちらを利用するのが良いと思います。

プラウドメン ファブリックコンディショナー

男性に人気のプラウドメンから発売されている柔軟剤です。練り香水のグルーミングバームやオードトワレ、スーツリフレッシャーなどこのブランドのグルーミングシトラスの香りは嫌いな男性が少ないと思います。それらの商品のカスタマーレビューを読むと、女性もこの香りが好きな人が多いので、人気の高さがうかがえます。柔軟剤なので、周りに香ることはないですが、自分が嗅いでいて気分が上がること間違いなしです。こちらはグルーミングバームやオードトワレを使うと、周りの人も気づいてくれる位香ります。オススメです。

サムライ アクアマリン

こちらも割と有名な香水ブランドサムライから出されている柔軟剤です。アクアマリンの柔らかでさわやかな香り。香水をつけている人は多いと思いますが、香水と同じような効果を望んでいるとがっかりするので、あくまでも柔軟剤。香りは長く続かないので、ずっと香りたい場合は香水を使うのが良いと思います。

どれも良い香りですが、柔軟剤なので、マスクをしたときにフッと香る程度なのは覚えておきましょう。香水とかスプレーもあるので、それぞれ使い分けて楽しむのが良いと思います。

スポンサーリンク