寝る前のホットミルクは信じる者が飲めばよい

milk

寝つきに関していうと、誰にも負けない自信があります。ホント布団に入ったら数分で夢の中なのです。ドラえもんに出てくるのび太は0.93秒なので、さすがに私の場合秒速とはいきませんが、かなり早いと思われる。

しかし、たまに「フワフワ病」という症状になった時だけ異常なほど眠れない。寝たいのに眠れなくて、なんだか体がフワフワした感覚になり、どうにも気持ち悪くて目を閉じるのも嫌な感じになります。

では、このフワフワ病の正体は何か?調べたところ、体は眠いのに、頭が起きてる状態とのこと。体は反応出来ないのに頭では信号を送る。これがフワフワした感覚を生むようです。大体体が疲れるとそのまま寝てしまえそうなのですが、まれにあるんですよね。中途半端に疲れてるのか、脳だけなぜか活性化してるのか、体の事は良く分かりませんが。

で、そんな時はホットミルクを飲んでみたりします。

そう、ここからが本題なのですが、就寝前のホットミルクについて調べると、意外なことが分かりました。

ホットミルクに安眠効果はない。ましてや睡眠導入効果など全くない

一応、「牛乳の成分から、メラトニンという睡眠を促すホルモンが分泌されやすくなる。」という科学的根拠はあるものの、そんな効果を得るには牛乳1リットルくらい飲まないとだめらしい。ということで、科学的・実用的にはホットミルクに安眠効果がないことが証明されました。

信じる者は救われる

しかし、寝る前のホットミルクは安眠効果があると信じている人にはプラシーボ効果が働いて、寝られることもあるため、ホットミルク伝説は今もあるようです。かくいう私もホットミルク安眠説の信者だったりします。殆どやらないので、ここぞという時(眠れないのにここぞもないとおもいますけど。)ホットミルクの力をかります。

個人的には、少量の砂糖を加えて飲むのが好き。甘くてあったかい物は気持ちをリラックスさせてくれます。寝る前にリラックスすることは、安眠するための一つの要素となりうるので、就寝前のホットミルクはあながち間違っていないかと。

結論

ホットミルクが好きで、就寝前に飲んだら眠れると思っている人には非常に効果がでる。嫌々飲むなら、全く効果なし。試したことないけど、ホットミルクで眠れるのでは?と思って飲む人は効果が出る可能性がある。そんな感じでしょうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。