Amazonプライムビデオ Wake Up, Girls!|東北出身者なら見てほしいアニメ

ウェイクアップガールズ

ウェイクアップガールズ

「いくぞ!がんばっぺ!Wake Up Girls!」

Amazon プライムビデオでTVシリーズが全話みられる「Wake Up Girls」のオープニングソングの始まりです。

注目すべきは「がんばっぺ!」。私は福島県会津若松という田舎で育ったのですが、まさにこの「~っぺ」は良く使う方言で驚きました。アイドルなのになぜ?と思いますが、このWake Up girlsは東北は仙台が舞台のローカルアイドルのお話なんですね。

内容はというと、ローカルアイドルがメジャーに行くまでのお話。良くあるアイドル物と大して変わらないのでは?という感じなのですが、アイドルマスターにも、ラブライブにもない魅力がこのWake Up Girlsにはあるのです。

高校生が主人公という点でラブライブと比較されがち。ラブライブに比べるとキャラクターの個性も髪の色もスタイルも服装も派手じゃないです。一人ひとりのポテンシャルもぜんぜん低いし、いきなり持ち歌が増えたりもしないし、踊りが上手くなったりもしません。

では、何が良いのか?

とっても現実味があるんです。変なプロデューサーに騙されたり、ビジネス的なお金の話が出てきたり、ウルトラC的な事が殆ど起きません。(音楽プロデューサーが付くところはウルトラC的ですが。)なので、見ててハラハラする。アイドル物なのに、なんか暗いんですよね。

仙台は震災の被害のあった土地。ストーリーでも津波にのまれた街が出てきたり、仮設住宅の人々が出てきたりします。アイドルものって、なんかキラキラしたキャラクターが歌ったり、踊ったり、泣いたり、笑ったりってのが王道ですが、このアニメはそこがかなり違うんですね。

映画を見るとより楽しめる

残念なのは、最初に「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」という映画が公開されていて、TVシリーズはその続き。Amazonプライムビデオに劇場版は入っていないので、TVシリーズから見ると、ちょっと背景が分からない部分が多い。メンバーが集まったいきさつ、最初のライブ、そのライブ終了までが映画で、TVシリーズは地方アイドルから全国へ行くまで。

オープニングでメンバーひとりひとりの映像が出ますが、そのシーンは映画のシーンなので、TVシリーズから入った人はなんとなく、「そうなんだなー」と想像することしかできません。

とはいえ、面白かったです。昨年TVシリーズの続編が映画公開されているので、DVDになったら見てみたいと思います。

AmazonでWake Up Girlsをチェック
Wake Up Girls 公式ページ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。