ワイルドステーキを飽きないで美味しく食べる方法|いきなりステーキ

wild

上級者編の豪華版ペッパーライスの作り方はコチラ

会社の近くに「いきなりステーキ」があるので、ランチタイムによくいきます。目黒店は駅から少し離れていることもあり、11時半過ぎに行けばガラガラ。12時近くても待たずに入れたりします。(たまに行列できてますけど。)

ここは、ランチはワイルドステーキとワイルドハンバーグの2種類がメイン。もちろん、通常のカットステーキも食べられますが、コスパを考えるならやはりワイルドステーキ。税込1290円で300グラムのステーキを食べられます。

いきなりステーキソースはNGな食べ方

いきなりステーキのホームページへ行くと、「ワイルドステーキのおいしい食べ方」というコンテンツがあります。焼いて、たれかけて食べてください。というものなのですが、

ちがーーーーーう!違う。

300グラムの肉を食べるのに、ホットソースだけでは確実に飽きます。もちろん、ハラペコで肉を1秒でも早くかきこみたい人は別ですが、通常は飽きます。そこで、私のお勧めするワイルドステーキのおいしい食べ方をご紹介します。

ワイルドステーキのおいしい食べ方

1.まずは、サラダをたべる。
この、まずサラダを食べるのは非常にこの後重要です。

DSC_0380

毎回玉ねぎとレタスの分量がちがうサラダ

2.スープは飲まない。
スープを飲むとおなかが膨れるので、ステーキのおいしさが半減するので、やめましょう。食後にすするくらいがちょうどよいです。

3.サラダのさらにわさびと醤油を入れて、わさび醤油をスタンバイ。
これは、私の好みですが、わさび醤油は非常に合います。おすすめです。

DSC_0383

わさび醤油スタンバイOK

4.肉が運ばれて来たら、まずは、コーンを鉄板の上で散らす。
鉄板がめちゃくちゃ熱いので、乗ってるコーンをかき混ぜてあげないと確実に焦げます。

DSC_0384

コーンは焦げないうちに散らします。

5.肉を切る。
ここでポイントなのが、鉄板に線が入っているので、鉄板を触ってやけどしないように注意しながら、その線を自分と垂直にします。その方が確実に肉が切りやすいです。

さぁ、これで準備OK!思う存分肉を堪能!

ちょっとまて、まずは塩コショウで

ここで、いきなりステーキソースは超NG。すでに、わさび醤油はスタンバイOKですが、まずは塩と胡椒を少しかけて肉の味を実感します。

意外にいいぞ!マスタード

私はここで、鉄板のふちにマスタードを置きます。そして、そのマスタードに肉をつけながら食べる。マスタードの酸味と少しのピリリが食欲を増強させます。これだけでもかなりの肉がなくなるはず。殆ど辛くないマスタードなので、オススメです。

DSC_0385

マスタードは非常に合います。

そして、わさび醤油でさっぱり

マスタードを堪能したらスタンバイしておいたわさび醤油で頂きます。私の場合、このわさび醤油ゾーンで肉の4分の3はなくなります。鉄板にわさび醤油を作ってしまと、熱で醤油が煮詰まり少々しょっぱくなります。それにわさびの風味も飛んでしまうのでお勧めしません。やはり、セパレートで用意するのがツウかと思われる。

仕事じゃなきゃニンニクでしめるんだが

ランチタイムの最後はステーキソースをかけます。この時点で鉄板大分冷めて来てるので、ソースをかけても飛び散りません。お昼なので、ニンニクは入れませんが、夜ならば、ここにニンニクをたっぷり入れるのがオススメです。

DSC_0386

ごちそうさまでした。

好きなようにたべるのが一番おいしい!

私のこだわりの食べ方を紹介しましたが、やはり自分の好みのスタイルで食べるのが一番だと思います。ステーキソースだけで食べるのが間違いじゃない!300グラムの肉を思う存分楽しむのが大切ですよ。

ちなみに、私の肉マイレージはゴールドです♪3000グラム食べると昇格します。そして、烏龍茶が毎回無料に!肉マイレージは入ったほうがおトクですよ。

上級者編の豪華版ペッパーライスの作り方はコチラ

いきなりステーキホームページ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。