Ken Yokoyama I Won’t Turn Off My Radio|中年世代よ、まだまだやれるぞ!

kenyokoyama

元ハイスタンダードのギタリストで現在はソロで活躍しているKen Yokoyamaのニューシングル

「I Won’t Turn Off My Radio」

私がこの歌から感じたのは、彼の意思と彼からのメッセージでした。

メッセージ1
古臭いと言われても、彼は彼のスタイルをこれからも突き通していく。

メッセージ2
彼と同じ世代の人たちへ、お前はまだまだやれる!

メッセージ1については主題でもある「I Won’t Turn Off My Radio」がすべてを語っていると思います。そもそも、Radioなんです。TVじゃなく、ネットでもない。古臭くて、今若い人は殆ど使っていないであろうRadioから流れる電波を感じ取るって言ってるんです。

彼は、「Punk Rock Dream」でも同じようなメッセージを残しています。

メッセージ2については、私の感じ方であり、他の人はもっと違う感じ方をしてるかもしれません。

Hey you, listen up
Get your act together
I know you’re old but you still got a lot to do.

まず、彼は一緒にやろうぜ!と言ってます。そして、歳を取っても(やり方が古臭くても)まだまだやることはあるぞ!と。

なんだか、私にとってはとても励みになる言葉だと思います。

新しい物がたくさん入ってくる中で、歳をとった自分のやり方がオールドファッションになってしまっていることに、劣等感や後ろめたさを感じる必要などないのです。若い人は若いなりによい物を持ってる。でも、中年世代が持ってるものは経験に基づく確かなものなはず。自分のやり方、信じたことを突き通すのは勇気もいりますが、Ken Yokoyamaが言うように、我々にはまだまだやれることがあるのだ!

そんな力を与えてくれるような曲でした。

今の自分に迷ってる中年世代はMust listen!

歌詞:Ken Yokoyama I Won’t Turn Off My Radio

PV

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。