高千代 純米酒 扁平精米大辛 +19無調整 生原酒おりがらみ|酸味の効いた夏のお酒

高千代 純米酒 扁平精米大辛 +19無調整 生原酒おりがらみ

高千代 純米酒 扁平精米大辛 +19無調整 生原酒おりがらみ

新潟の銘酒高千代。今まで飲んだことが有るのは「たかちよ」とひらがなで書かれていたものだけでしたが、今回のは漢字の「高千代」。日本酒が好きなことを会社で言っていたら後輩が新潟に行った際に買ってきてくれました。ありがたや、ありがたや。

扁平精米ってなに?

この高千代 純米酒 扁平精米大辛 +19無調整 生原酒おりがらみですが、扁平精米と書かれています。で、扁平精米とは何か?簡単に言うと、楕円形に精米した米を使っているという事。通常精米する際にまんまるにするのですが、扁平精米は楕円形。米のいいところを多めに使えるというメリットがあります。詳しくはこちら。

酸味のある微発泡なお酒

まず、開栓すると、酸味のある香り。口に含むと結構酸味を感じます。そして発泡系ではないけど、微発泡な飲み口。酸味が強いので、そう感じるのだと思うのですが、さわやかなお酒なのは間違いない。夏限定と瓶の裏に書かれていますので、夏用に仕込まれているんだと思います。確かに、冬って感じじゃないですね。

夏の日本酒はスッキリさわやかが良い

基本的に生酒が好きで、濃い目が好きなのですが、この高千代みたいなスッキリさわやかって夏にはいいと思います。いつもつまみを食べずに飲むので、お酒の味を純粋に楽しむのですが、日本酒は季節色が良く出ると思います。きっと、ワインにもそういうのがあるのでは?と思うのですが、冬に熱燗とはいきません。日本酒はまだまだ奥が深くて楽しいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。